大会本番で歌われる曲について

2016/05/03

東京カラオケグランプリの開催まであと10日を切りました。
事務局のほうでは、鋭意、開催準備を行っているところです。

音源審査に合格された方にお送りしている「出場事項記載用紙」ですが
6月2日(月)までのご返信にて、お願いします。
(この記載情報を基に、当日配布するプログラムを作成しますので…)。

さて、東京カラオケグランプリ当日で歌う曲ですが、
音源審査にてエントリーされた曲となります。

なので、「やっぱり違う曲で歌いたい!」というご要望については
申し訳ないのですが、お断りさせて頂いております。

と言いますのは。
今回は、音源審査という形で、出場者を選別させていただきました。
つまり、エントリーされた「その曲」を、音源審査員は評価して、
合格か否かを判定させていただいたわけです。

音源審査員のお話によると、今回惜しくも合格されなかった方の音源の中には、

「本当はこの人、もっと上手いんだろうなあ、でもこの音源はアラが目立つなあ」
「この人はまだこの曲を歌い慣れていなんだろうなあ、他の曲なら合格できたかも…」

といったものも多くあったとのことでした。

音源審査の判定は、エントリー時の選曲や音源のみで行っているので、
もしも本番で曲を変えてしまうと、
合格されなかった方に対する公平感の問題も出てしまうのです・・・。

という理由もあって、
本番で歌われる曲についても、同じ曲でお願いしたいと事務局では考えております。

-東京カラオケグランプリ2014