パフォーマンスに自信のある方、大歓迎です。

東京カラオケグランプリの優勝者は、東京都代表として
日本カラオケボックス大賞全国大会に進出することになります。

そうした代表選抜大会ということもあって、大会の雰囲気として、
「出場者みんな、決勝を目指してピリピリした中で歌うのかな…」
と思い、ついエントリーを躊躇されている方もいるかもしれません。

もちろん、みなさん真剣かつ精一杯歌われているのですが、
雰囲気は決してピリピリではなく、むしろ和気あいあい。
出場者同士、初対面であっても話をしたり励まし合ったり、
そうしたお互いを気遣う雰囲気を、舞台袖からも感じ取ることができました。

さて、そんな中で、優れた歌唱力を持ちながらも
なおかつ会場を沸かせるパフォーマンスを魅せる出場者も、
また多くいらっしゃいました。

11

「覆面の狩人(ビッグ・ザ・武道のテーマ) 」という曲に合った、
自作の2種類の仮面を操るステージパフォーマンスを披露されました。

12

2015年を象徴する映画「アナと雪の女王」から、オラフさんです。
ステージを縦横無尽に駆け回るパフォーマンスに会場は大いに沸きました。

お二人とも歌唱力も見事ながらも、非常に個性が光ったということもあり
「ベストパフォーマンス賞」の受賞となりました。

東京カラオケグランプリ2016でも、昨年同様ベストパフォーマンス賞を用意します。
こちらの賞には賞金を贈呈する予定です。
歌唱力のみならず、会場を「魅せる」歌い方に自信のある方、
ぜひとも会場中の目をあなたのステージにくぎ付けにしてみませんか?

-東京カラオケグランプリ2016